刑事事件での注意点 知り合いの体験談から見えた問題

刑事事件には重大なものから過失によるものなど様々な種類がある

青空に映える十字架「刑事事件」と言いますと、あまり自分とは関係ないと考えている人が多いようです。
しかし確かに殺人事件や傷害事件というものは、そうそうに巻きこまれるようなものではありませんが、しかしその一方で、過失犯のようなものになりますと、特に故意がなくても関与する可能性はあります。
しかしここで話しておきたいのは、そうした個々の事件の話ではなく、それに関与してしまった時の、「取り調べ」についてです。

警察による取り調べは犯罪者を作り出す可能性すらある

こう言ってしまってはなんですが、警察での取り調べというものは、はっきり言いまして、「犯人を製造するためのもの」という面が大きいのです。
つまり事件の真相は別として、とりあえず身柄を拘束した被疑者を、そのまま犯罪者に仕立て上げる風習が、今でも普通に横行しているのです。

無実の人でも誤認逮捕を恐れる警察は過度にプレッシャーをかける

これは私ではなく、知り合いの体験談なのですが、その人はちょっとした事で「刑事事件」に巻きこまれてしまいまして、それで警察署で取り調べを受けた経験があります。
その時にその人が感じた事は、とにかく警察が、自分を犯罪者にしようと、話を誘導するという事でした。
警察というものは、とにかく不祥事に神経質のため、「誤認逮捕」というものを恐れます。
そのため一度逮捕した人間には、なんとしましても真犯人になってもらおうとするのです。
こう言われまして信じられないと思う人もいるかもしれませんが、実際に警察は平気で嘘をつきます。
これは私も経験していますが、警察の言う事を信用しますと、とんでもない事態に陥る事は多いです。
特にその知り合いの取り調べのような状況では、素直に認めれば、罪が軽くなるように取り計らうとか、そういう説得をしてきたりしますが、もちろん警察にはそんな権限はありません。

弁護士さんによるサポートが無ければ、犯人にされてしまうこともあるでしょう

さらに本来は、弁護士を立ち会わせるべき取り調べでは、そのような措置がまるでされていないのが現状ですから、警察は自分の好きなように調書を作るために、様々な違法行為を平気でしてくるのです。
こうした事実による被害者は後を絶ちませんが、しかし残念ながらこうした訴えは、警察という内部で行われているものですから、そうした事実に関する証拠というものを抑える事は、困難極まりないのです。
よってもしこうした事件に巻きこまれるような事がありましたら、まず絶対にやっておきたいのは、弁護士に連絡を取って自分の身を守る事です。
よくドラマ等で、「弁護士が来るまで何も話さない」というシーンがありますが、実はそれは、現実でも必要な防御方法のひとつなのです。