示談交渉と刑事事件の関係についての説明

加害者は被害者に示談を望む

刑事事件として告訴された加害者が一番恐れていることとして、有罪となってしまって懲役刑に科せられることとなります。
そうなることで自分に取って大きくマイナスの影響が出ます。
人生が悪い方向に進んでしまうため、犯罪被害が明確な場合は、被害者に対して示談交渉を持ちかけることが多いです。

示談とはどのような手続きか?

法律トラブルを起こしたことが無い方にとっては、示談とはとても難しい言葉や内容のように見えることがあります。
内容については自分が犯した罪をお金で解決させる方法であり、法律の流れが複雑なので弁護士を通して行うことが多いです。
一見すると特に不思議はないように見えますが、加害者にとってこれを行うことが有罪を回避出来ることがあります。
一般的に示談交渉が成立することによって、被害者が刑事事件の告訴を取り下げてくれる可能性が高いからです。
それによって加害者に裁判所から有罪判決を科せられることがないので、刑務所暮らしをすることもなくなります。
それによって以前と変わらない社会生活が出来るようになるため、大きなメリットとなることが多いです。
特に家庭を持っている方にとっては子供や家族に大きな迷惑をかけるので、お金で何とか解決させようと考える傾向が強いです。

弁護士に依頼することで示談は可能になる

 基本的には弁護士と連携をすることで、高い確率で示談交渉が成立する可能性が高くなっています。
しかしそれだけではなく、加害者が犯罪を犯したことを反省しているという態度も重要となります。
そのためただお金を用意しただけの対応を取ると、逆に被害者の心情を損ねてしまうことがあります。
そうなるとむしろ逆効果になってしまうため、反省文を作成することや心から被害者に対して謝罪することが重要です。
最終的に判断するのは被害者の方であるため、その点を理解したうえでじっくりと交渉を行うことがポイントです。