刑事事件における裁判の流れ

裁判の一般的な流れ

何らかの犯罪で逮捕、送検、起訴されると刑事事件として裁判が行われます。
一般的な裁判の流れを記します。
今回の例は事実関係については争わない事件(自白事件)を例としています。
争点のある裁判や裁判員裁判は今回の例とはことなります。

被告人への人定質問から裁判がはじまる

 まず冒頭に人定質問が行われます。
これは裁判の被告人が本人で間違いないか確認するためのもので、被告人の氏名、生年月日、住所、本籍地が尋ねられ、被告人本人であると確認します。
 続いて起訴状が朗読され、被告人に対し黙秘権等の告知が行われます。
その後被告人は裁判官から意見陳述の機会が与えられ、起訴状の記載に対して争点があるかどうかを述べます。
今回の例のような事実関係を争わない事件の場合、「起訴状に記載された事実に間違いありません」と述べることが多いです。

公判手続きは冒頭陳述からはじまる

 上記の冒頭手続きが終了すると、続いて公判の手続きが始まります。
まず検察官からの冒頭陳述があり、被告人の経歴や犯行動機、背景が説明されます。
続いて検察官から証拠調べ請求が行われ、その最後に被告人或いは弁護人が証拠に対する意見を述べます。
今回の例の場合、この部分も「間違いありません」や「意義ありません」と述べることがほとんどです。
 検察側からの証拠調べ請求が終了すると、今度は被告人側から情状証人からの証言や被告人本人の反省文などの書証の提出などが行われ、被告人側の意見を述べます。
その後、被告人質問となり、弁護人、検察官、裁判官からの質問に答えます。
 被告人質問が終わると、検察側からの論告、求刑が行われ、弁護人の最終弁論、被告人の最終弁論が行われます。
今回の例の場合、被告人の最終弁論では犯罪に対する反省と、決して再犯しない旨を述べ、最終弁論とする場合が多いです。
 以上のような流れを以て初公判から1〜2週間で判決を迎えます。